超光寺門信徒会 

 人の縁も土地の縁も無い草加に移住して25年が経ちました。都市開教という「お寺の無い町にお寺を」「仏法が届かない地域へお念仏を」をモットーに阿弥陀如来の救いを喜べる方を求めて布教活動に専念してまいしました。

 最初は借家からのスタートです。判子屋さん2Fを貸していただき寺院活動を始め、5年目にしてお寺として使える建物と出会い、取得に入っております。既存の建物で1Fが広く自由に出入りがしやすい場所と出会っています。(全席椅子掛け、土足で入るお寺)

前列 左から 超光寺住職(釋順量) 大谷光淳さま(釋専如ご門主さま) 超光寺坊守
後列(超光寺総代) 松宮さま 河合さま 向瀬さま 鶴丸さま 大倉さま 

 写真は京都・西本願寺のご住職・ご門主さま(親鸞聖人25代目のご子孫)が布教所・開教寺院の視察にお見えになられた時の写真です。超光寺門信徒の代表である総代も全員集合にてお迎えをいたし、和やかに開教の喜びと大変さをお話いたしました。
 さて、お寺と一言に行っても、まずは宗派の傘下に入るところから取り掛かります。埼玉には埼玉組(そ)という組織があり、35ケ寺の浄土真宗のお寺のグループです。これに加えていただくことを最初に行い続いて東京教区の一員となりました。そして集まって下さっているメンバーから団体運営の基礎となる門信徒会の運営の為、総代会をつくり浄土真宗の寺院として宗務所(京都・本願寺内)にご登録頂くのです。必要な事は団体運営である事です。

 次に行うのがこの草加のこの場所で宗教活動をしている実績から埼玉県庁より宗教法人の認可を得る事です。これには、団体運営であること以上に宗教活動の実績を積まないと認可が下りません。更に寺院と成るべき土地建物が必要です。借家や間借りでは永続性に欠けますので、抵当権フリーな状態で宗教法人がスタートするということです。あと数年必要なようですがもう一息というところまで駆けつけています。ここまでくれば当初の目標達成ということになります。

 皆様のお陰、地域の方の応援もあって草加市に浄土真宗の布教拠点の一つになれる喜びがあります。よき人との出会い、心優しいご門徒さまとのお付き合いが一番の励みとなりました。これからも親鸞聖人のおすすめくださる無条件のお救いを一緒に喜んでいける人生を歩みましょう。

超光寺門信徒会「本願海」の活動と支援の方法

 超光寺門信徒会「本願海」では、毎年以下の事業を行っております。今後もご参加ご支援いただきたいと思います。

スローガン お聴聞に力を入れよう

活動1   法話会や各種法要の支援・各家庭の法事のお知らせ

活動2   超光寺を縁に人間味あふれる出会いを作ろう(懇親会などの開催)

活動3   念仏カレンダーの発行 を各家庭に仏教の精神に届けましょう

活動4   超光寺報(お寺の新聞)の発刊。各種研修会参加の支援

活動5   その他、お念仏の教えが広まるような各種活動の推進

活動6   YouTubeなどNET機能を使った伝道布教

責務と喜び 会費にて本願寺への納金を行っております。ご先祖がそしてわたしが「安心してお浄土へ生まれていけること」をはっきりとお示し下さいました親鸞聖人のみ教えを今の世まで伝え、そして、今からも維持伝道しているご本山「西本願寺」並びに「築地本願寺」の運営を支えさせていただくことは、大変有意義な喜びであります。また、この私も同じように安らかな仏の世界へ生まれていくことを深く味あわせていただくことであります。

仏教壮年会

 仏教・浄土真宗の教えに出会えた仲間で作る会です。共に親睦・研鑽・互助の精神で結ばれた喜びの会です。本山の勧めで門信徒主体の会として異年代の活動に参加できます。寺院の活動は埼玉組ー東京教区ー本山壮年会へとつながります。共に救いに出会えた喜びを分かち合いましょう。本願寺第8代宗主蓮如上人は晩年に「ご信心の方と深く付き合いなさい、ご信心の無い方とはもうこれ以上会わない」とまで言われたことでした。短い人生ですので宗教心の無い方といると分からなければならない事がなおさら分からなくなるからです。50年100年に満たない人生ですから往生浄土の道を聞き洩らさぬようにしたいものです。
 活動としては関東にある親鸞聖人ゆかりのお寺を訪問する「寺院訪問」ミニ日帰りの旅。また、全国には自然災害などで被害を受けたお寺や仲間たちがあられ、義援金をお送りいたしております。
 埼玉組・東京教区・西本願寺で開催される会合や壮年研修会への出向費用の助成も宗門発展の協力となるのです。浄土真宗では各種団体による研修会や法話会が多く企画されています。以前、ご門主さま列席の会議で「浄土真宗は他力のお救いであるが、研修会が多いように思うのですがどうでしょうか」という質問が出たことがありました。この時ご門主さまは「大変皆様にご苦労をおかけいたしておるようですが、研修会に参加すると《気づく事》多く、これからも奮ってご参加ください」と励まされた事でありました。

超光寺 門信徒会「本願海」の年会費(支援費) 4,000円     仏教壮年会の会費 3,000円

お寺より入会申込書や規約・振込用紙をお送りいたします。
ご一報をお待ち申し上げます。048-942-6612 超光寺